株や為替の世界って独特な言い回しだったり言葉だったりあるんですけど、僕も自然と使ってる言葉の多くはボブボルマンやアルブルックスの本から拝借してることが多い気がします。
それは僕自身が二人と同じチャート信者であり、プライスアクション信者であるからなんですが。
ダブルの圧力、セットアップ、ツーレッグ等々・・・そして今回のマグネット効果。


マグネット効果とは、つまりはキリ番だったり大きく注目されるレートであったりがある場合、その価格に引き寄せられる効果です。
大きな括りでいえばプルバックもマグネット効果の一種です。
ネックラインを抜けたあとに戻るのは、ネックラインが注目されているレートだからとも言い換えることができます。
無題5

レンジの上限や下限も注目レートということで同じ理屈で説明がつきます。
無題6


キリ番はマグネット効果の代表的なものになるかと思います。
超短期のスキャでは一度目の節目割れは拾っていく人も多いのでは?
それもマグネット効果を狙った一つのトレードです。

これの厄介なところは、とある地点からブレイクした先にこの注目レートに絡んでしまったり、抜けても戻ってきたりする事が多く利を伸ばすのが難しかったり、エントリーのタイミングが計りずらかったりする点です。
絡んでしまう場合はそのままレンジを作ってしまうことも多く、その場合はレンジの中心付近に注目レートがある事が多いです。
そうなるとなかなかブレイクを判断するのが難しくなる。

このマグネット効果ばかりに注目していると、今度はちょっとした抜けをブレイクと判断することができなくなり、そのまま迷宮入りしてしまう人もいるかと思います(僕もそうでした)。


デイトレをするにあたりこのキリ番をどうやって攻略するか。
結局上下に振らされる可能性がある以上、レンジ抜けを狙っても高値をつけてすぐ落ちるといったように高値ロング、安値ショートが決まりにくい形になることが多いです。
さらにレンジなので反対方向へ行ってしまうとロスカットにもかかってしまう。

まずはマグネット効果がどの場面でよく見られるか?を調べるのが必要です。
これは本にも書かれていないので自分なりの解釈なのですが、よく見られるのはトレンドが発生して市場参加者のポジションがどんどん減っているとき。
トレンドの最終段階だったり、トレンドがいったん落ち着いたり。
そういったときにより効果が見られると思っています。

重要視されているレートに引き寄せられるのはわかっているけど、そこでどういうアクションが起こるのかは結構色んなパターンがあったりします。
オーバーシュートして戻ってきたり、微妙に届かなかったり。
なのでエントリーにこの効果を利用するのは少し難しい。

なので、マグネット効果を効果的に利用するにはエントリーではなくエグジット。
トレンドが発生した時にうまく乗る事ができた場合、波に乗れている時間足の先にある注目レートを到達目標に設定します。
そのレートに近づけばマグネット効果で一度はそのプライスをつけることも多く利食い目標の設定としてはとてもわかりやすいです。
無題4


大事なのは自分が中心に見ている足よりも大きな波をイメージすること。
その大きな波の目的地をイメージできれば利食いをより引っ張れるようになります。
リスクは変わらないので、普段のトレードでより大きな利益を得られるなら損益率の改善となり収益に貢献してくれるはず。

僕はトレードで利益を出すには勝率よりも損益率のほうが何倍も大事だと思っています。
1のリスクに対してどれだけのリターンを見込めるか。
僕の場合は1のリスクに対して2~3は最低限リターンを意識しています。
その後の推移で結果的に1:1のトレードになることは多いですけど、初めから1:1のトレードを意識してエントリーすることはほぼありません。

コツコツドカーンはよく聞くセリフですけど、僕の場合はここ何年もドカーンは無いです。
ただし勝率は悪いです。
月にすれば6割程度のもんです。
それでも飯は食えていますので、こういった考え方もあるよって感覚で見てもらえればいいかなと。

ドカンに疲れた人は参考にしてください。



クリックお願いします!