高値、安値更新って参加者の多くが見てる相場の加速ポイントになりますよね。
加速するポイントはボラも出るし再現性もあるのでエントリーポイントとしては最適な場所の一つだと思います。

動画での解説はコチラ


でも、人々が集まる場所は少し目線が違ってしまうと負けポイントにもなります。

5分足
5分足

押し安値を割り込んだところから切り返しています。
こういった動きはそこら中で見ます。
目の前の動きだけを追ってしまうと、このポイントで安値を割ったと判断してしまう。

15分足
15分足

このチャートで見た場合に、先ほどの安値と判断した青丸はそんなに意識する場所かどうか。
それよりももっと重要な安値がその下に控えているのがわかります。

同じチャートの5分足
5分足

この高値更新はどうでしょうか?
追いかけてもいいと思いますか?

4時間足
4時間足

実は大きな流れは戻り売りがどこで入るかに注目が集まっている場面でした。
5分足の上昇を狙うのであれば、少々4時間足が逆を向いていても問題無い場合もありますが、戻り売りがいつか入るかも?と想定しているかいないかでは大きく変わってきます。

ナゾな動きに振り回されることも当然ありますので割り切りも必要ですが、見ればわかる場面で振り回されて損失を抱えるのは勿体ないです。
エントリーする前に数秒でいいので大きな波がどうなっているのか確認することをお勧めします。


情報商材屋さんには負けたくない(笑)
クリックお願いします!