といっても、僕はトレードは超慎重派なので予想をしてエントリーをすることはありません。
ですので、あくまで過去の指標を使いながら予想をしてるだけです。

動画はこちらです。


まずは過去1年の先行指標と雇用統計の結果から。
12月の雇用統計と失業率には今回の予測値が入っています。

無題1


表は上段が各種指標の結果、下段は前月比を改善は黒、悪化は赤で表示しています。

まず気になるのが直近の指標であるADPの結果から。
12月は大幅増加の20.2万人。
これを見ると、今回の結果は増加という意見も聞こえてきそうですがちょっと待った。
その前の11月の結果を見て下さい。
6.7万人・・・とんでもなく少ない数値です。
素直に考えれば前回少なかった分の帳尻があったんじゃないかなって僕は思っちゃいます。

11月の悪かった先行指標はそれぞれ12月においても大きく改善してる数値は出ていません。
そんな中で、本当に雇用だけが改善していくのか?
ほぼ変わらずという展開が一番可能性はありそうですけど、それだと面白くないので大きく乖離する可能性を考えた場合は、改善するよりも悪化する可能性のほうが遥かに高そうに見えるのは僕だけ・・なのか?

6月に大きく悪化した雇用統計も、その前月から先行指標は数値が悪化しています。

さてさて、今夜はどうなりますかね。
結果がわかってからこの記事見るの、とてもイヤです・・・。



何となく情報商材屋さんには負けたくない(笑)
クリックお願いします!