原油先物市場が3日、3ドルほど急騰しているようです。
原因は米軍がイランの司令官を殺害したから。
つまり原油の供給懸念ということですかね。

動画にもしていますのでよければどうぞ。


僕みたいなあまり知識がない人間がシンプルに株や為替市場に与える影響を考えればリスクオフによる円買い、株売りとなるのでしょうか。
よくわからないので、直近で似たような事案を探しました。


去年9/14にサウジアラビアが攻撃をうけた際にサウジの原油生産量が半分になったとの報道がありました。
このときも原油価格は上がっていますが、では株価や為替はどういった動きだったかを見ていきます。

まずはNYダウの日足です
図

さて、どうでしょうか。
リスクオフ・・・どころか、そこからしっかり年末まで上げてますね。

次にドル円です
図

円高になってるといえばなってる?
たしかに多少の円高にはなっているとは思いますが、原油の影響がどこまで強いのか微妙ですよね。


リスクオフの印象があったとしても、実際の株価や為替に与える影響はまた別です。
原油が急騰した!リスクオフだ!円を買って株は売るぞ!
となるのもいいとは思いますけど、結局はそれぞれの市場での需給が全てです。
特に為替は一つの側面を持って買われたり、売られたりするわけでは無いので、一つの事実だけに基づいて決め打ちしてしまうと間違えてしまうこともあるかと思います。

ニュースに反応する場合は気を付けたいところだと思います。


何となく情報商材屋さんには負けたくない(笑)
クリックお願いします!