動画でも解説しています。


普段何分足でトレードしてますか?

こういった質問ってトレーダー同士の会話だと頻繁にありますよね。
僕なら15分足や5分足をメインにトレードしてますと答えています。

でも、これはホントの事を言うと少し違っていて、普段の相場の平均的な波を捉えるなら15分足ですというのが一番しっくりする答えになります。


簡単に言うと来る波を全部15分足に当てはめて相場を考えるのではなくて、波を自分が理解しやすいサイズに都度変更して波の全体像を捉えるようにしているということです。

ちょうどいい例があったので、1/2のユロドル5分足です
図

1番の戻り高値を3番が抜いた直後に4番で再度安値をつけています。
波の頂点や底でレンジ圏も作らず尖がった形が続いています。
こういった5分足で3時間の間に40pips以上を何度も高安更新していくチャートって振り回されがちになりません?
1時間足で見るとこんなんです。
図


僕が普段メインでやっている1時間足で大局を見ながら15分足で波を捉えるトレードでは波を捉えるのがとても難しい。

ではこれを1分足で見ると・・
図

高安を更新しまくっているのでそもそもが難しい波ではあると思いますけど、5分足の波と比べれば比較的波の特徴が表れてると思いませんか?
Aのレンジ圏を下に抜け、Bで再度レンジ圏を作って上抜け。
プルバックからの高値更新も騙しの動きで再度下落。
Cでの押し目買いが失敗してBの安値を割って今はDでレンジ圏。

完成されたチャートに後付け解説をしているので簡単に書いてますけど、実際はこんな簡単には取れないですw
ただし、それでもチャートにレンジ圏が現れるだけで目線を絞りやすくなるとは思います。
大局は4時間足を見れば
図


こんなに短時間で派手な動きをしてますけど、4時間足では特筆すべき点は何もないチャートです。

今回のこの場合は1分足や4時間足を見れば波を捉えやすかったということになります。
こういった波のサイズ感って様々で、さらに波の中にまた波が存在してたりもするので把握は難しいとは思いますが、それを全て自分のメインに据えてる時間足に当てはめると必ずどこかで無理が出てきます。

基本的にはボラが大きな相場ほど短時間足のチャートに。
ボラが小さくなれば大きな時間足のチャートに。
していくと波が捉えやすくなってくるんじゃないかなと思っています。

トレードって波が見えた人の勝ちなので、自分の世界に籠らず色んな世界を見てみれば光が見えてくるかもしれません。


何となく情報商材屋さんには負けたくない(笑)
クリックお願いします!