人の行く裏に道あり花の山

相場やってる人ならみんな知ってる有名な言葉です。
トレードで勝つには大衆についていると勝てないと僕も思います。
じゃあ裏の道ってどこにあるのか。

例えば切り下げラインを抜けてきた。
レンジを抜けてきた。
こういった場合に乗っかる手法って人の行く道そのままな気が僕はしてます。

じゃあ逆張りを意味してるのかというと、それもちょっと違うと思います。
下げてきたところを買う行為っていたって普通の行動です。
それが上位足のサポート等があればなおさら逆張る人は多そうです。

じゃあ破綻してる会社の株を買うのが正解かと言われればそれもどうかと思います(笑)


僕が思う人の行く裏の道って、先に行った人たちがヤバイと思った時に現れるんじゃないかなって思うんです。
ブログタイトルにもある期待が裏切られた時とかまさにそんな感じ。
先に行く人がいなければそもそも表も裏も道なんて無い。
だから先に行った人が慌てるのを待つのが大事なんだと思うんです。
特に相場が動いていない今日のような相場は。

僕が思うエントリータイミングってトレンド相場は人より少し早く、持合い相場は人よりだいぶ遅くが一番しっくりくるんです。


励みになります。
ポチリとクリックをお願いします。